予祝で強迫性障害から脱出し、国指定の難病をも克服しつつある!

奇跡は意図的に起こせる!!!

原理原則

引き寄せが起きる仕組み(科学的な根拠)

投稿日:

今日は至極当然の話をしようと思うので、地味な内容ですw
何かというと「なぜ引き寄せは起きるのか」

怪しい響き?

「引き寄せの法則」

このフレーズを聞いて。あなたがまず思うことは何だろうか?
・怪しい!
・宗教?
・スピリチュアル?

ある意味、全部間違ってはいない。
というのも、引き寄せの法則を正しく理解していないと単なる怪しい響きのまま終わってしまうから。そして、引き寄せの法則を誤解して受け止めているために、叶えられる夢を諦めている人が非常に多いのが現実。
ただ、これではあまりにも勿体ないので、僕がここ二年くらいで様々な実験をした結果たどり着いた結論についてお話ししようと思う。

「引き寄せの法則」の正体

まず大前提として、「法則」とついているくらいなので、あなたが信じる信じないに関わらず全ての人や物に引き寄せの法則は作用している。「万有引力の法則」と同じ。一人の漏れも無い。まずはこれを受け入れて欲しい。
その上で、「引き寄せの法則」を無理やり別の表現で表すと「共鳴の法則」あたりだと思う。

※共鳴とは・・・同じ周波数を持ったもの同士がお互いに作用し合う自然科学現象。音楽で使う「音叉」の実験が有名。同じ周波数の音叉を並べて、一方を振動させるともう一方も振動する。

皆さんが一番理解しやすい事例でお話しすると「類は友を呼ぶ」ということわざがある。これ、正しく共鳴現象。
似たような考え方や性格を持った人間、つまり似たような波長(周波数)を持った人間が共鳴し合って集まってくる。
多分これが一番分かりやすい引き寄せの法則の事例だと思う。
恐らくここまでは多くの方が理解して頂き、同意して頂けると思う。

それでは次に、あなたが願望を実現する時に、この法則がどういう風に作用しているかをみていこう。

「引き寄せの法則」を使って願望実現する方法

願望を実現するには、まず頭の中でイメージをする事から始める。それをノートに書いたり絵に描いたり、様々な方法で目に見える形に表現する。
まず頭の中に描いた瞬間に、その「思考」自体が波長を持つ。
※意外と知られていないが、人間の思考も波長を持っている。
すると、その波長と同じ物事つまり「あなたの願望」が共鳴して集まって来る。

非常にザックリ説明すると、これが願望が叶う仕組み。
では、どうして願望が叶う人とそうでない人、また願望が叶うまでに時間がかかる人と比較的すぐに叶う人がいるのか?

これを説明するためには、最低限の脳の仕組みを理解しておく必要がある。
まず脳は、基本的にネガティブ思考で溢れている。なぜなら「防衛本能」があるから。

これを知ったうえで、、、
願望を実現するためには、脳の中の比率を「プラス思考優位」にする必要がる。しかし、通常は防衛本能が邪魔をして、中々優位に立てない。
防衛本能を壊してプラス思考を刷り込むためには、繰り返し思考する必要がある。このやり方を間違うと願望は叶わない。
また一般的に脳に刷り込む作業は非常に時間がかかるので、願望が実現するまでには時間がかかる。
コツを知っている人は、比較的短時間で実現させることが出来る。
これが、叶う人と叶わない人(叶いにくい人)と時間がかかる人がいる原因。

この「脳に刷り込む作業」が「予祝」であったり「アファメーション」であったりする。手段自体に優劣は無いから、自分に合った方法を採用して頂ければ良い。

そして、これらの手段を用いてあなたがする事は「感情を整える」という事。
この二年間で様々な願望を試してきて、一つだけ分かったことがある。
それは、「どんなに素晴らしい願望でもそれに良い感情が伴ってないと高い確率で実現しない」という事実。
逆に、どんなにきつい状態でも感情さえ整えておけば高い確率で実現する。

もうお気づきだろうが、感情にも周波数(つまり波長)がある。つまり、良い感情(つまり高い波長)を意識しておけば、同じ波長の出来事が共鳴して集まってくる。

感情さえコントロール出来てしまえば、叶わない願望は理論上存在しない。
あとは、この話をあなたが信じられるかどうか。

もっとも信じられなくても、その時はマイナス感情が発生するのでマイナスの出来事が共鳴し集まってくる、いわゆる「逆引き寄せ」が起きるだけ。
であれば、無理やりにでも信じた方が良くないか?

-原理原則

Copyright© 奇跡は意図的に起こせる!!! , 2020 All Rights Reserved.