予祝で強迫性障害から脱出し、国指定の難病をも克服しつつある!

奇跡は意図的に起こせる!!!

原理原則

思い込みって凄い!

投稿日:

この世の中は、思い込みで出来ている。

と言ったら「何を大げさな」と思う方が大多数だろうけど、事実である。

「思い込み=勘違い」とも言える。世の中の成功者は、みんな思い込みの達人である。

なぜなら、成功者が発明したり作り出した物やサービスは、その時点では存在していないからだ。存在しないものを作り出すには、これはもう思い込みでしか不可能だ。あとは、どこまで詳細にイメージング出来るかどうか。

 

思い込みと脳の働き

なぜ思い込みが成立するのか。これは、脳の仕組みにヒントがある。

脳には時系列が存在しない。そして、脳は非常に単純である。

あなたが、叶えたい願望を繰り返し繰り返しイメージし口に出して宣言することによって、脳はその願望が既に達成できたと勘違いしその現実を引き寄せる。

 

脳には面白い機能がある。脳幹網様体賦活系(RAS)という組織だ。この組織の役割は、脳に入れる情報をフィルタリングすること。そしてその基準は、RASにどんな情報が書き込まれているかによって決まる。

例えばRASに、

「お金持ちになりたい!」

という情報を書き込んだとする。

そうするとRASは、この情報にマッチした情報を探し始める。

ここで注意したいのは、書き込んだ情報は「お金持ちになりたい」であって「お金持ちになった」ではない。つまり、「お金持ちになりたい」状態を作り出す情報を集めだす。そう、このままでは、お金持ちにはなれない。

恐ろしい・・・

 

フィルターをフル活用する!

そこで活躍するのが、思い込み!

RASに、「俺は金持ちだ~!」という情報を書き込む。そうすると金持ちになる情報を探し出す。脳は、こういう単純な仕組みになっている。

 

日本人は昔から謙虚を美徳としている。これを否定するつもりは全くない。

ただ、謙虚になる事と自信がないことは全く別のことであると理解して欲しい。謙虚とは、あくまで自信がある上に成り立つ。この二つを混同している人がとても多い。勿体ないことだ。

そして思い込みと傲慢も、全く違う。思い込みの根底にあるのは、やはり「自信」である。逆に言うと、自信が無い人は傲慢になりやすい。

 

では自信はどうやってつければ良いか。答えは一つ。

継続!

そう、日々の継続である。つまり生活習慣!生活習慣が整っている人は必然的に自信を手にして、乱れている人は自信が無い場合が多い。成功者に早起きが多かったり家が綺麗に片付いていたりするのは、このためである。

だから最初は意識をして生活習慣を整えて欲しい。

そうすれば気が付けば自信を持てているし、そうすれば傲慢にならずに済む。そして、自信という土台の上に成り立った思い込みによって、自分の願望実現に向かって進んでいける。

 

根拠はいらない

最後に一つ。

この思い込みに「根拠」は必要ない!そもそもチャレンジする時に根拠がある人がいるだろうか?ただただ、「絶対に出来る!」と心から思い込めれば良い!

ぜひ思い込みの威力を使って、あなたの願望を実現させてほしい。

-原理原則

Copyright© 奇跡は意図的に起こせる!!! , 2020 All Rights Reserved.